もしかしてあの人、お金無い?と思われない金欠対策

生活でお金に困る時に挙げられるのは、まずお給料そのものが少ない場合。

お給料が20万円ある人と15万円しかない人では、お給料が減るスピードが違います。出ていくお金、生活に必要なお金が同じような金額ならお給料日前はお金に困ります。

収入を増やすために転職を検討する、副業を始めるなどの対策があります。

もうひとつは、交際費や食費が多すぎる場合です。
友達が多い人、食事は全て外食で済ませるという人は普通の人よりも交際費と食費が高いです。
特に男性は、食事を奢るという場面が多いので、交際費にお金がかかりがちです。
ひとり暮らしをしていれば、料理をするよりも外食をした方が安く済むことが多いので、食事はほぼ外食という人が多くいます。

日常生活の中で、もっとも削減しやすいのが食費と言われています。対策としては、店で食事をするのではなく
スーパーの惣菜売り場で安売りしているものを選ぶ、お酒が好きな人、晩酌がどうしても辞められないという人は、プライベートブランドのお酒を買うようにすると言った工夫で食費を抑えることが出来ます。交際費も削れるようであれば、飲みに行く回数を1回減らすだけで数千円の節約になります。

ママ友の付き合い等で、ランチ代が重なってピンチ!という方は、その付き合いは本当に自分や子供のためになっているのか?ということを見つめ直し、付き合いを徐々に減らしていくことも検討してみましょう。

また、小さい子供は服のサイズもすぐ変わります。
今はインターネットでフリーマーケットが自由にできる時代です。大手のフリマサイトで不用品は断捨離することをオススメします。

三つ目はカードローンです。

クレジットカードはとても便利ですし、社会人のステータスでもあります。限度額までであれば、現金を持っていなくても買い物ができるので、使いすぎてしまう人が多くいます。

そして、翌月の請求で使った分の支払いをしなくてはいけませんので、金額が多い人は生活に困ります。カードを使いすぎた時は、現金主義に変更する、カードをクレジットカードからデビットカードに変える等の対策があります。

※参考にしたサイト・・・即日発行可能なクレジットカード※今日中に手に入るカードは?